リセランの成分は?副作用や危険性は本当に無いのか調べてみたら…

リセラン 成分 副作用 危険性

久しぶりに鏡で自分の顔をまじまじと見てみると、垂れ下がった目じりのシワ、くっきり刻まれたほうれい線・・・

自分の顔がまるで明日にでもおばあちゃんのようにシワだらけになるんじゃないかとぞっとしました。

 

そこで試して効果を感じたのが幹細胞コスメの『リセラン』です。

 

リセランを選んだ理由は、年齢肌のシワやたるみには肌を土台から元気にする『幹細胞コスメ』が良いということ、

なかでもリセランは国産の幹細胞コスメで、世界初の“胡蝶蘭発酵エキス”が配合されているからです。

 

シワの気になるところに重ね付けしていくと、肌が次第に変わっていきました。

ほうれい線を気にして笑えなかった私も、気にせず笑顔になれて表情まで変われたことが嬉しかったです。

 

シワのないハリのある肌を取り戻したい方にはリセランをおすすめします!

 

でも、『ヒト幹細胞コスメ』は出回り始めたばかりで、「リセランて一体どんなもの?」ってわからないことが多いですよね。

始めて使ってみて赤くなったり腫れたりしたらと思う使うのもためらっちゃうのではないでしょうか?

 

そこで今回は、『リセラン』にはどんな成分が入っているのか?副作用の可能性はあるかなど、購入前に調査したことについてご紹介していきます!

公式サイトでリセランの成分を詳しく見る

リセランの全成分をご紹介します!

リセランの全成分
水、イソペンチルジオール、グリセリン、PEG-20、コチョウランエキス、ベニコウジ菌/(アサイヤシ果実/コメヌカ)発酵液、へキサカルボキシメチルジペプチド-12、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、ヒト角化細胞順化培養液、アセチルヒアルロン酸Na、フラーレン、ビフィズス菌培養溶解質、乳酸桿菌/乳発酵液、酵母エキス、スクワラン、水添レシチン、酢酸トコフェロール、マンニトール、カフェイン、DNA-Na、PEG-60水添ヒマシ油、PVP、メトキシケイヒ酸オクチル、ビサボロール、オレイン酸ソルビタン、オレイン酸PEG-4、トリセテス-5リン酸、セテス-25、セテス-15、キサンタンガム、カルボマー、水酸化K、カニナバラ果実油、エチドロン酸4Na、エタノール、フェノキシエタノール、BG

こういった成分表は左上から配合量の多い成分となりますので、水が一番高い割合で配合されているということになります。

聞き慣れない成分名もたくさんあって全部は理解できませんね・・・

リセランならではの独自成分や珍しい成分をわかりやすい成分名でピックアップしてみます!

  • コチョウランエキス(胡蝶蘭発酵エキス)
  • ヒト角化細胞順化培養液
  • ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1(EGF)
  • アクアタイド
  • セラビオ
  • アセチルヒアルロン酸Na
  • 酵母エキス
  • スクワラン
  • 乳酸桿菌/乳発酵液
  • ビフィズス菌培養溶解質
  • フラーレン

リセランの主要成分 副作用や危険性はある?

リセラン 成分 副作用 危険性

成分名を聞いただけではどんな効果があるのか?副作用はありそうかまで想像できませんでしたので、心配で購入前に一つ一つ調べてみました。

噛み砕いて解説してみますね!

コチョウランエキス(胡蝶蘭発酵エキス)

リセラン 成分 副作用 危険性

“胡蝶蘭発酵エキス”は開発に5年の歳月がかかった成分です。

さらに、リセラン独自の世界中どこを探してもないオリジナル成分なんです。

 

胡蝶蘭の美しさと言ったら説明もいらないほどですが、生命力が強く、株が大きくなれば数十年にわたって花が咲くこともある花です。

その美しさと生命力の秘密は、自らの細胞を再生修復させて美しさを長く持続させる力です。

 

年齢肌はお肌の生まれ変わるサイクルも長くなり、生まれ変わる力も弱くなってしまいます。

そこでこの胡蝶蘭のエキスをリセランに加えることで、肌自らが再生修復する力をサポートします。

 

リセランは肌に水分や美容成分を与えるのではなく、肌を土台から健康に変えていく発想の美容液。

エイジング美容液はたくさん販売されていますが、『胡蝶蘭発酵エキス』は肌本来の力を取り戻すリセランに欠かせない成分と言えるでしょう。

 

もちろん胡蝶蘭は植物で、胡蝶蘭発酵エキスは天然由来の成分ですので、副作用が起きにくく安全性の高い成分と言えます。

ヒト角化細胞順化培養液

リセラン 成分 副作用 危険性

日本で初めて開発された前例のないヒト幹細胞を生きたまま採取する培養液です。

この開発にも10年の歳月がかかっています。

 

いわゆる“ヒト幹細胞”がこの培養液でお肌を整える役割を担っています。

人間は多くの細胞からできており、細胞が壊れると幹細胞が分裂したり変化をして補うことで細胞が修復する能力があります。

 

ケガをしても自然に止血ができたりするのはこのヒト幹細胞の力によるもの。

ヒト幹細胞コスメは、この自然の修復力が備わったコスメです。

 

リセランのヒト幹細胞がどのように作られるかというと、まずウイルス感染のない日本人から幹細胞を採取します。

この幹細胞を培養液に入れて増やします。

 

そしてこの培養液の上澄み部分をリセランに使用しています。

なぜ上澄みかというと、この部分には肌を整えるコラーゲンやヒアルロン酸、酵素など500種類以上の因子が含まれているからなんです!

 

角化細胞順化培養液が含まれたリセランは、肌自身が再生修復して本来から健康にする力を持っています。

 

安全性が高く安心して使えるよう、国産であること、培養液を開示していて、ウイルス検査済みであるという3つがリセランのこだわりです。

そのため副作用も起きにくいと考えらます。

ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1(EGF)

リセラン 成分 副作用 危険性

EGFは体内で自然に分泌している成長因子で肌を再生する役割を担っています。

近年では火傷した皮膚や角膜の再生など再生医療分野でもなくてはならない要素です。

 

このEGFがリセランに配合されている理由は、年齢とともに分泌量が減少するEGFを補い肌のターンオーバーを助けるためです。

20歳以降でEGF分泌量は急激に減少し始め、30歳で20歳の時の2/3、40歳で半分程度にまで落ち込んでしまいます。

 

それに伴い、肌のターンオーバーや細胞の再生能力が低下してしまい、シワやたるみなどといった肌の老化現象を引き起こす原因となります。

ターンオーバーを助けるEGFはエイジング肌には欠かせないものとなっています。

アクアタイド

リセラン 成分 副作用 危険性

アクアタイドは外部から与えられた水分を取込む力のある成分で、美容液へ配合することで、乾燥から肌を潤いのバリアで守ります。

アクアタイドには保湿力はもちろん、肌本来のアンチエイジング力を回復させてくれる力も備わっています。

 

リセランに配合することで肌が持つ回復力を取り戻すことができ、肌の内側からハリツヤを生みだしていきます。

権威ある世界原料展In-cosmeticsで金賞を受賞した実力派の成分ですので、安全性も高いことが証明されています。

セラビオ

セラビオは国産大豆と米ぬかを納豆菌で発酵させてた発酵エキスです。

保湿成分が豊富な米ぬかと、ヒアルロン酸の2倍以上の保湿効果があるポリグルタミン酸を含んだ大豆の組み合わせです。

 

セラビオは肌細胞が自らコラーゲンを生産できるように促す作用があります。

つまり、コラーゲンを与えるのではなく肌本来でコラーゲンを生成できるように働きかける役割があります。

 

セラビオはリセランの肌本来を健康に導くという機能を支える成分と言えます。

セラビオは植物由来なので、安全性も優れていて副作用の心配も低いでしょう。

アセチルヒアルロン酸Na

リセラン 成分 副作用 危険性

ヒアルロン酸の高い保湿効果を残したまま、肌なじみをより良くした高保湿成分です。

リセランにこの成分を配合することで減少したヒアルロン酸を補い、肌の弾力を復活させてシワやたるみをケアします。

肌に長時間吸着する性質もあるので、長く乾燥からお肌を守り、しっとりとした潤いを与えます。

酵母エキス

リセラン 成分 副作用 危険性

美容成分のビタミン類や細胞の生成に欠かせない核酸などが豊富に含まれています。

美肌のビタミンと言われるビタミンB群や肌の生成や保湿に欠かせないアミノ酸、ミネラル分なども含まれています。

 

酵母を使った日本酒の醸造工程を行う杜氏(とうじ)の手がきれいだといわれているのは酵母のおかげだという説もありますね!

リセランに配合することでアミノ酸やミネラルがお肌をふっくら整えてくれます。

スクワラン

リセラン 成分 副作用 危険性

潤いをキープする特徴があり、お肌の上で水分や汗と混じって皮脂膜となり、乾燥や紫外線から肌を守る天然成分です。

肌によくなじみ、使用によって毛穴を詰まらせないため化粧品には多く使われています。

 

人間の肌にももともと存在する成分ですが、30代を境に肌のスクワランの量は減少していきます。

リセランに配合することで乾燥や紫外線からお肌を守ります。

乳酸桿菌/乳発酵液

リセラン 成分 副作用 危険性

牛乳を乳酸菌で発酵して得られる成分で乳酸やアミノ酸、ビタミンが豊富なのが特徴です。

どんな効果があるかというと、年齢肌でサイクルが乱れがちなターンオーバーを助け、細胞を活性化する作用があります。

また、保湿力にも優れた成分です。

根本から肌を整えて、トラブルの起きにくい肌づくりができます。

ビフィズス菌培養溶解質

リセラン 成分 副作用 危険性

細胞を守る働きがあり、お肌を修復して肌トラブルへの抵抗力を高めます。

また、紫外線を浴びたり加齢で大きく開いてしまった毛穴を引き締めてくれて、皮脂が過剰に分泌するのを抑えるので、お肌をベストな状態に保ちます。

フラーレン

リセラン 成分 副作用 危険性

強い抗酸化力を持つ成分で、シワ改善や美白、加齢毛穴の改善などに効果が高い成分です。

抗酸化力も長時間持続しやすく同じく抗酸化力の高いビタミンC、ビタミンEよりも高いことが確認されています。

 

紫外線を浴びることで活性酸素が発生し、シミのもととなるメラニンが増えてしまいます。

抗酸化力の高いフラーレンは活性酵素の発生を抑えることができますので、メラニンが増えるのを抑えてシミができにくい肌になるのです。

リセランの成分は?副作用や危険性はあるの?!まとめ

リセラン 成分 副作用 危険性

今回はリセランの主要成分と使用することでの副作用や危険性について調査結果をご紹介しました。

リセランの成分まとめ
  • 副作用が起きるような成分は見つからなかった
  • 天然由来の成分を配合
  • 3つの安全に対するこだわりのある“ヒト幹細胞エキス”
  • 世界初の天然由来“胡蝶蘭発酵エキス”
  • 肌を土台から健康にするEGFやアクアタイド、セラビオ
  • スクワランや酵母エキスなどが年齢肌につきものの乾燥や紫外線から守る

リセランに配合されている成分は植物など天然由来のものが多く含まれていました。

今は色んな幹細胞コスメが販売されていますが、どれも同じだと思っていませんか?

 

ひとくちに『幹細胞コスメ』といっても、リセランには安全への3つのこだわりがあります。

リセランの3つのこだわり
  • 国産
  • 培養液が開示されている
  • ウイルス検査済み

 

貴重なヒト幹細胞エキスを使ったものだからこそ、副作用の危険性も低く、安全な美容液を選ぶようにしましょう♪

 

でも、人のお肌はそれぞれで、万人受けする保証もないですよね。

「自分に合うか試してみたいんだけど・・・」と不安な気持ちにもなると思います。

 

リセランはそんな気持ちに応える、気軽に試せるキャンペーンを現在開催しています♪

キャンペーンに参加すれば、初回も2回目以降もお試し価格で購入できますし、自分に合わなければ全額返金される保証も整っています。

 

キャンペーンは突然終了することもあるので、まずはリセランの公式サイトをチェックしてみるのはいかがでしょうか?

副作用なしでシワがゼロの肌になる↓

全額返金保証でお試しOK!↓

↑定期継続の縛りなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です